「CAD」長所と短所

副業TOP > CAD > 「CAD」長所と短所

「CAD」長所と短所

人気の在宅CADにも長所短所が存在します。
【短所について】
専門性が高いため初心者の方にとっては、初めるにあたってスキルアップが絶対です。「専門性の壁」を超えるために、スクールに通う等の必要があります。
cad02.jpgスクールに通うためには、費用などもかかるかもしれません。ただそれも意欲があれば徐々に経験をつんで克服していけることでしょう。


在宅CADでも、トラブルになりやすいのは普通の副業ワークの仕事と同じく、「納期遅れ」や「納品データ製図ミスが続く」ことはトラブルのもととなります。
データのやり取り方法や、納品までの流れについては、依頼先の会社によっても違いますので、契約時によく確認しておくことが大切です。
新しい取引先との仕事、新しい案件などについては、製図ミスを減らすためにもよく打ち合わせをしてスタートさせることが賢明でしょう。
ちなみに、スクールの費用の平均はコースにもよりますが、13万円~45万円程度。
スクールに通学する期間は、1~12ヶ月。学習時間は30~125時間程度が目安と言われています。


【長所について】

専門性の高い分野の在宅ワークなので、引受けできる副業ワーカーが限られています。
結果、在宅ワーカーの競合が他の在宅ワークよりも少なく、チャンスを手に入れることができる可能性も高いといわれています。

実際、インターネットで「在宅CADオペレーター 求人」と検索すると、たくさんの募集案件が出てきます。
また、専門性が高く、対応できる在宅ワーカーが限られているので、報酬が他の仕事に比べて高収入となっている点は魅力です

きちっと条件通りの図面を作るのが目的ですので発想力よりも、几帳面で注意深い性格の人に向いています。 CADの経験や知識も必要ですし、CADソフトなどの操作も慣れて覚えなければいけませんが、業務の中でだんだん慣れてきっちり身につけることが出来ると在宅ワーク収入として夢が広がります。

▼バイトルで探す▼

▼アルバイトEXで探す▼


関連記事

  1. 「CAD」仕事の内容
  2. 「CAD」報酬について
  3. 「CAD」長所と短所
  4. 「CAD」応募方法